姫川源流の彩り

HOME   戻る

2006年10月22(日)

穏やかな秋の日、昭和記念公園でコスモスを題材にして撮影の勉強をしました。 



一輪の同じコスモスでも、構図や前ボケ、バックの処理により印象が変わります。




















太陽をコスモスと重ねて花のシルエットを造形的に表現





縦構図は躍動感や成長を表す構図です。





広角レンズでお花畑の広がりと遠近感を表現します。





順光では精彩に乏しい紅葉も、光の当たる反対側から透過光を利用すると
下の写真のように鮮やかな紅葉を写せます。








秋の日差しを浴びながら撮影実習を楽しみました。
カメラポジションを上げ、中望遠にしてコスモス畑と顔が重なるようにします。








カメラポジションを上げて水面に人物を重ねると、人物が浮き立ちます。


HOME   戻る