熊野古道

    戻る  HOME    

2008年11月21日(金)〜24日(月)   

紀州の山に囲まれた熊野古道を辿り、日本の古代神話を思い起こさせる熊野三宮大社を巡りました。




初日は川床から温泉が湧き出る川湯温泉「ホテル木の国」に泊りました。




露天風呂もいい湯加減




初日から宴会が盛り上がりました。




とにかく、豪華で彩り豊かな食事です。




二日目は発心門王子から本宮へと熊野古道をあるきます。




ぽっかり雲を見上げて



ゆったり秋の日差しを浴びて散策




昔の情景もかしこに見つけられます。




工芸品も道端に




秋の彩り








日差しも柔らか








抜けるような秋空




小さな露店もあります。




本宮を拝んだ伏拝王子




日差しも暖かい




三軒茶屋跡では、陽気なおばさんが地場産の品物を売っていました。




本宮へと山道を辿ります。




紅葉も鮮やか




熊野本宮大社に到着しました。




明治22年まで本宮が建っていた、大斉原の大鳥居




古い歴史の湯の峰温泉に泊ります。




温泉に囲まれた東光寺




世界遺産に登録されている唯一の公衆浴場「つぼ湯」




温泉に浸かって、冷たいビールでカンパイ!




翌日は朝市でお買い物




新宮の熊野早玉大社




旅のお嬢さんとツーショット!




急な参道を登る熊野那智大社




那智大社の本宮




熊野三宮を全部お参りしました。




厳かな結婚式が執り行われたいました。




巨大なクスノキの空洞を抜けると願いが叶う、胎内くぐり




とても大きなクスノキです。




那智大社から那智の滝







三重の塔




下から見上げる那智の滝



那智の滝の撮影を楽しみました。




海岸に岩峰が林立する橋杭岩




串本の椿道旅館で新鮮な食材のお料理を味わいます。








東京に帰る日は、本州最南端の潮岬に行きました。




お買い物も楽しい!




最南端の海です。


    戻る  HOME